安土の整備風景
7年振りに安土の整備です。 完成までの手順を・・・ ブルーシートをひいて安土を掻き出します。
なだれ防止のために基礎は三段の階段状の赤土?状のやや固い土 7年間使用で痩せた安土に補充用の砂とおが屑の山
今年は砂とおが屑にプラスして黒土を混入 5:3:2の割合で混合 元の土におが屑を混入して元に戻します。
表面の土は5:3:2でミキサーにより攪拌して 運んでも運んでも無くならない堆積された材料です。
みんなの力で徐々に元の形に お昼までの予定が一時を過ぎても完成を見ません
表面を固めながら・・・なをもミキサーが働いています。 水を撒きながらシャベルで表面を叩いて固めていきます。
暑い中完全装備で参加の女性会員です・・・やや疲れ気味 表面の凹みや高さを確認しながら本職の手助けもあって徐々に形に
これまでは安土の最上部にも手が届いていたのですが下からは
無理に
細部の最後の調整・・・?
これまでよりは30p以上嵩上げです。 背面のコンクリート壁も10p位となり矢も保護されることでしょう


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この次の安土の整備は又7年後となるでしょうか。
今回は若い会員が20人近く参加して次の時の為に勉強してくれました。
とても綺麗で他値連に誇れるような立派な物となりました。

暑い中参加された会員の皆様本当にお疲れ様でした。

今回参加できなかった会員の皆様も参考に次を狙って下さい。










完成した安土です。延々6時間強の作業となりました。